ある日突然、アトピーを発症!

アトピーを発症!

急に目のまわりがかゆくなり、そして....。


今から数年前、急に目の周りが痒くなり、腫れてきました。そうアトピーです。突然発症しました。アレルギー体質の方はなりやすいそうですが そんな気配がなかったので非常に驚きました。


アトピーはここ最近、大人でも罹患する人が急増しているそうで、私もそうでしたがある日突然発症する人も多いようです。


子供のアトピーはひじの内側やひざの裏側などにあらわれますが、大人アトピーは顔をはじめ、背中、お腹など上半身に湿疹ができて治りにくい という特徴があります。乾燥やかゆみがあるせいで引っ掻いてしまうとその部分に色素沈着ができたりするのでやっかいです。


私の場合はまず目の周りにかゆみがでて、それからお腹や肩といった部分にかゆみがうつりました。お風呂に入った後、運動した後など 体が温まった後に特にかゆみがひどくなったことも思い出します。

なんで、アトピーになるの?

なんで、アトピーになるの?

アトピーを引き起こす原因ですが、遺伝的要因に環境的要因が加わることで発症するといいます。そのためもともとアレルギー体質の人はアトピーになりやすいです。


環境的要因にはアレルギー反応が関係しているものとしていないものがあります。アレルギー反応が関係しているものというのは、 ダニやハウスダスト、細菌や植物など特定の抗原(=アレルゲン)があってこれらが体に付着したり、 体内に取り込まれると炎症やかゆみ、かぶれといった症状を引き起こします。


一方のアレルギー反応が関係していないものには汗や乾燥、化粧品などの化学的な刺激、心理的なストレスといったものがきっかけになります。


私の場合、正直何が原因だったかははっきりしないのですが、発症したときの生活習慣等を思い出すと不規則な生活リズムと人間関係のストレスが原因だったと思います。 職場に嫌な上司が出入りしていたんですが、その人が来るか来ないかでかゆみの度合いが全然違いましたら。


仕事を辞めた後は目の周りのかゆみはなくなりましたが、体が温まるとお腹や肩がかゆくなるという状態になりました。色々クリームを塗ってもダメ。そこで当時、 異常に食べていた人工甘味料入りのガムを止めたところピタリとかゆみが止まりました。

大人アトピーは生活習慣の改善とストレス対策が大事!

大人アトピーは生活習慣の改善とストレス対策が大事! アトピーの遺伝的要因としては生まれつきバリア機能をつくる遺伝子に異常があるとか、特定のタンパク質が多く免疫細胞の動きが異常に活性化しているといったことがあるみたいです。


しかし、大人になって突然アトピーを発症したという場合は個人的な経験からもストレスと睡眠や食生活を含めた生活習慣が原因だと確信しています。


1、不規則、不摂生な生活習慣


一人暮らしや会社勤めなどにより、生活リズムが不規則になり、不摂生になるとアトピーを引き起こす要因になります。睡眠不足と食事には気をつけたほうがいいと思います。


2、ストレス


ストレスを感じてしまうと体はもちろん肌の免疫力も下がります。バリア機能も低下するのでアレルギー反応が出やすくなってしまはずです。


肌は寝ているときにつくられるので睡眠不足は当然NG。肌をつくる材料になるのが普段の食事なのでバランスが悪かったり、リノール酸を含んでいるとアトピーを発症させたり、 悪化させる原因になります。ストレスを受けるとそれに対応するホルモンが身体の中で分泌されますが、抗炎症作用や抗アレルギー作用が弱くなるとかなんとか。

大人アトピーを治す方法

大人アトピーを治す方法

私の場合はまず仕事を辞めて、それから普段の食事など生活習慣を見直して人工甘味料のガムを食べるのを止めた途端にアトピーは治まりました。


仕事はストレスの原因になりますし、生活習慣を乱す原因にもなるので、職場環境が悪いとかストレスが大きいということであれば辞めたほうがいいと思います。


アトピーなんてまだマシなほうで、うつ病なんかになったらもうどうしようもなくなります。体をSOSを出しているわけですから思い切って生活を変える必要があると思いますがいかがでしょうか?


皮膚科で治す場合は、ステロイド外用薬、タクロリムス外用薬などで炎症を抑えて、かゆみがひどい場合は抗ヒスタミン薬や抗アレルギー薬を内服します。 炎症やかゆみが引いたらワセリンやヒルドイドなどの保湿剤でバリア機能を保護して回復に努めるようです。


あくまで皮膚科でのアトピー治療というのは対症療法的なもので炎症やかゆみを抑えることしかできず、根本的には治せません。症状を抑え続けるにはやはり生活習慣やストレス対策が重要になるようです。 体質改善の方法としてアトピー用の漢方もあるようですが、あまりいい話は聞きません。


大人のアトピーの治療について詳細 >> 成人型アトピー性皮膚炎【駆け込み寺】

【コラム】アトピー治療にセラミドが処方されない理由。

アトピー性皮膚炎という皮膚疾患は原因はどうであれ肌のバリア機能が低下しています。そんな弱った肌のバリア機能にはセラミドを補給するといいといわれていますが 皮膚科ではセラミド配合のクリームはあまり処方してもらえないんですよね。セラミドが医療機関で処方されない理由は保険が効かないことや原料が高いからだと思います。 なお、皮膚科でもよくおすすめされるセラミド配合クリーム(※化粧品)には「花王キュレル」と「AKマイルドクリーム」があります。

Copyright © 突然、大人アトピーが発症!その原因と完治までの記録。 All rights reserved